So-net無料ブログ作成
検索選択

PERTOIS MORISET BLANC DE BLANCS GRAND CRU 2000 [Champagne]

この休みであけたシャンパーニュです。

「ペルトワ・モリゼ」、2000年のミレジメのものです。プランタンでN.Vを試飲したところ、複雑さは感じるものの若干軽い印象。新年を迎えるに当たってしっかりしたものはないかと相談したところ店員さんから2000年のミレジメのものを勧められ、購入しました。セール中とのことで本来のN.V程度の値段で買うことが出来ました。

Cote des Blancs地区、サロンと同じLe Mesnil-sur-Oger村のRMです。店員さんの話では、N.Vはロオジエのハウスシャンパーニュになっているとのこと。

濃い黄金色、蜂蜜のような香りとうっすらとした甘みを感じます。山芋とまぐろのような和食や、鶏肉にもとても良く合います。

 

左はモワザン(ル・パン・オ・ナチュレル)のパン・オ・ルヴァン(手前)とサン・ジョン・フリュイ、右はカイザーのゆずのパン。モワザンのパンにはカマンベールをたっぷりと塗っていただきました。カマンベールの塩気を包み込むような包容力がありますし、ルヴァンの生地やサン・ジョンのくるみなどとの相性もよいようです。またゆずのような鋭い香りもしっかり受け止める力強さも感じます。

とても満足のできる一本でした。2、3割値段が高くてもいいかなと思えるほど。プランタン、セールが終わってもこの水準の値付けにしてくれないかなとひそかに期待しています。(笑)

★ PERTOIS MORISET BLANC DE BLANCS GRAND CRU 2000
地域: Cote des Blancs  Le Mesnil-sur-Oger
セパージュ: Ch 100%

 


HERVY-QUENARDEL BLANC DE BLANCS GRAND CRU 2001 [Champagne]

週末実家であけたのがこちら。

 

「エルヴィ・ケナルデル ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ」、2001年のビンテージです。濃い目のきれいな金色、爽やかな香りがとても印象的。ブラン・ド・ブラン特有のすっきりとした味わいと時間が経つにつれ、香りが複雑さを増します。温度が上がると甘みがよりはっきりと感じられます。

くるみのパン、ゴマのパン、カマンベールと。パンにたっぷりとチーズを塗っていただきました。塩気をしっかりと受け止める力強さがあります。

こちら、モンターニュ・ド・ランス地方、グランクリュに格付されているヴェルズネイ村のRMで、今回初めてエノテカが輸入したとのこと。店員さんも相当力を入れてセールスしてました。こちらのブラン・ド・ブランは年間3,000本しか生産されないとのことですが、そのうち結構な量が今回日本に来ているんでしょうね、、、ちなみにヴェルズネイ村はピノ・ノワールが素晴らしいとの事なので、他のものも試してみたいと思っています。

★ HERVY-QUENARDEL BLANC DE BLANCS GRAND CRU  2001
格付: AOCシャンパーニュ
地域: Montagne de Reims Verzenay
セパージュ: Ch 100%

 

 


CREMANT DE BOURGOGNE BRUT [Champagne]

昨日から実家に帰っています。昨日の夜、シャンパーニュではないのですが、クレマン・ド・ブルゴーニュを開けました。いろいろな種類があるようですが、恵比寿のガーデンプレイスのPARTYで安く売っているものを買ってきました。暑かったのでパスタ鍋に氷をたっぷり入れて冷やしてみたところ、冷蔵庫で冷やすよりもずっと良く冷えてびっくり。とても気持ち良く飲むことが出来ました。やっぱりクーラーは必要ですね、、、

複雑さは感じられないものの、すっきりと軽い口当たり。

後ろに写っていますが肉じゃがにもぴったり。軽いとはいってもチーズにも負けないしっかり感があります。

帝国ホテルのオレンジのパンです。周りはさくさくでオレンジの香りがとても良いのですが、このクレマン、とてもよくあってました。やはり柑橘系とスパークリングは相性がいいんですね。

クレマン・ド・ブルゴーニュというだけでも相当の種類があるようですが、ブラン・ド・ブランのものでも結構お手ごろな値段で帰るようですし、普段使いでいろいろ楽しめそうです。

もう一本白ワインを開けました。

シャブリ 2005 ドメーヌ ベルナルド ドゥフェ。若干甘みを感じながらもすっきりとした後味。

ただ細身というか、物足りなさを感じました。値段相応なのでしょうが、、、ちょっと残念でした。

 


DELAMOTTE Brut [Champagne]

夏休み、なんとはなしに過ごしていますが、折角だからと気になっていた1本を開けました。

ドラモットのデミです。少し前に六本木の信濃屋で見つけて買っておいたもの。あのサロンセカンドと評判の高いシャンパーニュですが、実際は兄弟関係といった感じのようです(サロンもドラモットも今はローラン=ペリエの傘下です)。ただ、ぶどうもサロンで使用しているものも入っているようですし(ただしこちらはシャルドネ以外のぶどうも使用しています)、経営や醸造もサロンのスタッフが行なっているので、そういった意味ではサロンの雰囲気が少しは味わえているのかな、と一人ごちています。(笑)

色は若干薄めの黄金色、時間が立つと少し濃くなってきます。泡立ちがクリーミーで細やか、ぶどうの味がストレートに感じられるすっきりとした感じです。複雑さは余り感じませんでしたが、時間の経過とともにしっかりとした感じが出てきます。
すっきりしているのは、ドサージュが少なめというのと関係しているようです。通常の銘柄の量に比べて2/3程度(リットル辺り9gくらい)なんだそうです。ブレンドするワインに相当自信があるんでしょうね。

今回は食後ということもあり、合わせるものもいつもとは違った感じです。

黄桃です。丁度旬ですね。昨日買っておいたものなのですが、1日置くだけで随分と甘みが増していたのにびっくり。ドラモットとの相性も良く、桃の甘みが膨らむ感じ。デセールでもシャンパーニュと桃を合わせたものは多いですよね。

先日ラ・テールで買ったくるみのクッキーの残りと合わせて見ました。一度開封してしまって、しばらく時間が経ってしまっているはずなのにサクサクでとても美味しかったです。ドラモット、くるみの香りもしっかりと受け止めてくれます。

サロン自体を飲んだことがないので、雰囲気があるかどうかは分らないのですが、確かに美味しかったです。値段もお手ごろなので普段使いにもいいかなと思いました。ただデミは売っているところがあまりないんですよね、、、しばらくは信濃屋に買いに行きます。

★ DELAMOTTE BRUT  [N.V]
格付: AOCシャンパーニュ
地域: Cote des Blancs Le Mesnil-sur-Oger
セパージュ: Ch 50%、PN 30%、PM 20%

 

美味しいシャンパーニュを飲みながら、好きなLipattiのCDを何枚か聴きました。至福のひとときです。(笑)

 


表参道ヒルズ BISTY’S [Champagne]

友人と昼食をとったあと、少し時間が空いたので軽く飲みに行こう(!)ということになり、表参道ヒルズ内にある「BISTY'S」というワインバー?へ行きました。たまたま見つけたお店です。

ワイン、シャンパーニュなどグラス単位で飲むことができます。特にワインは専用の装置があって、ICカードにお金をチャージしておいて、カードを差込み、希望のワインと分量のボタンを押すとワインを注ぐことができるようになっています。

グラスシャンパーニュは3種、Pol Rogerのブリュット、ドゥミセック、モエのアンペリアルのロゼという3種。全て1杯1,000円と比較的良心的な値段です。Pol Rogerのブリュットを頼みました。

シャンパーニュはボトルでも頼めます。マイィ、ニコラフィアット、デミでは前述のポルロジェやドラモットなど種類もそれなりにありますし、何よりも嬉しいのは値段。ほとんど小売店で販売している価格+3~400円程度なのです。フレンチなどのお店でほぼ4~5割増の値段ということを考えるとかなりびっくりの値段です。(もちろんそういったお店の値付けが高いのは、美味しい料理に合わせることへの機会費用やソムリエへのサービス料などもあるのでしょうが、、、)

すっかり気に入り、夕方に同じ友人と再訪(!)してしまいました。

今度はモエのロゼを注文。こちらはもっと冷えていたほうが良かったかなという印象。

その他、カードを作ってワインも1杯頂いてみました。フランスのものではブルゴーニュが多く、比較的割安だったジュブレシャンベルタンを飲んだのですが、とても香りが良く、美味しかったです。長い時間開いてしまっていて酸化してたら嫌だなと思っていたのですが、そんな感じは全くありませんでした。

つまむものは本当に軽いものしかないので、あくまでワインを飲みにいくんだという人、また自分のように1本は飲めないけれどいろいろ試したいなという人にはぴったりのお店だと思います。一方で、好きな人2,3人でやってきてボトルを一本楽しんでさっと帰る、という使い方もいいのかなと思ったりもしました。

表参道ですと普段使いするにはちょっと離れているかなという感じなのですが、六本木ヒルズにも系列店があるようなので、そちらには是非行ってみたいと思います。

★ BISTY'S (表参道 ワインバー)
渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館B3F  03-5771-4466

 


POMMERY Brut Royal [Champagne]

週末、ポメリーのデミを空けました。

この日は結構暑かったので少し強めに冷やしてみました。

あまりコクや甘みは感じることはなく、さっぱりとした後味。すっきりとしています。温度が上がるとほんのりと甘みが出てきますが、それほど極端に変わることはなかったです。

相変わらずカイザーのパンです。

バジル入りのチャパタです。バジル入りですがそれほど香りが強いわけではないので、いろいろな食べ物に合うような気がします。初めてサラダをカイザーで買ってみました。

チキンのサラダ。結構バゲットの切れ端が入っています。サラダは、、、普通でした。ドレッシングの酸みとシャンパーニュは良く合うと思います。

チョコピスタチオ、デニッシュ生地にピスタチオのクリームチョコが入っています。結構気に入っているパンです。甘みがシャンパーニュによく合います。

シャンパーニュそのもので楽しむのではなく、いろいろなものに合わせてみて本領を発揮するタイプなんでしょうね。なんでもブリュットというのををはじめて造ったのはポメリーなんだそうです。甘口だったシャンパーニュが裾野をひろげていくきっかけになったとか。知りませんでした、、、

★ POMMERY BRUT ROYAL [N.V]
格付: AOCシャンパーニュ
地域: REIMS
セパージュ: PN ,PM ,Ch  割合は不明

 

昨日散歩していたら、六本木の信濃屋でドラモットのデミを発見!衝動買いしてしまいました。今から飲むのが楽しみです。

 


MOËT & CHANDON ROSE IMPERIAL [Champagne]

高校時代の友人から、お嬢さん誕生のお祝いのお返しにモエのロゼ(!)を頂きました。我慢できずに早速頂きました。

 

モエのロゼは初めてですが、褐色がかった濃い目の赤です。果実味がはっきりとしていて、味もまろやかながらしっかりしています。

カイザーでパンを買ってきました。

パン・オ・アリコ、チャパタにたっぷりといんげん豆が入っています。若干の塩気があってパスタサラダに良く合います。

レモンパイです。外側のぱりっとした食感、カラメリゼが香ばしい!中のレモンの香りたっぷりのアマンドのクリームもとても美味しく、好きなパンの一つです。こういった甘くて香りの強いパンにもしっかりと合います。

ロゼはなかなか飲む機会がありませんが、こういうおめでたい時にはぴったり。幸せのお裾分け、美味しくいただきました。ありがとうございました。

またこちらの友人、来月に海外に引越ししてしまうのです。お子さんを連れて大変だと思いますが、体に気をつけて楽しんできて欲しいと思います。

★ MOËT & CHANDON  ROSE IMPERIAL  [N.V]
格付: AOCシャンパーニュ
地域: Vallee de la Marne
セパージュ: PN 50~60%,PM 20~30%,Ch 10~20%

 

最後に、こちらのブログですがこの週末で50,000Hitになりました。見て頂いている方、ありがとうございます。引き続きマイペースの内容になるとは思いますが、よろしくお願いいたします。

 


VAZART-COQUART BRUT RESERVE BLANC DE BLANCS [Champagne]

3連休中の2本目に飲んだものです。ヴァザールコカールです。

コートデブランのグランクリュのみのシャルドネ100%、ブランドブランとのことです。先の記事のドゥーツの後に続けて飲んだのですが、相性が悪かったのか、ブランドブランとは思えないかなりクセのある粗野な感じを受けました。

カーヴドリラックスでかなり力を入れて売っているようなので、期待していたのですが、あれっという感じでした。もちろんこれだけで飲んでみると大分違うのでしょうが、、、

違う種類のシャンパーニュを飲む時には、順番も大切なんでしょうね。痛感させられました。

★ VAZART-COQUART BRUT RESERVE  BLANC DE BLANCS [N.V]
格付: AOCシャンパーニュ
地域: Cote des Blancs  Chouilly
セパージュ: Ch 100%

 


DEUTZ BRUT CLASSIC [Champagne]

この3連休で開けた最初のシャンパーニュです。

ドゥーツ、とても飲んでみたかったメーカーです。タイユヴァンのハウスシャンパーニュを造っているメーカーということもさることながら、ネットや雑誌等目にする機会も多く、とても評判が良いのです。新宿伊勢丹の地下でデミを見つけ、衝動的に買ってしまいました。

前述のとおりアルチェッポに行く前だったので、つまみをほとんどとらずそのまま飲みました。香り・味のバランスが良く、上品な感じがしました。逆に言うとクセがないということでもあるのですが。

冷やし方が十分でなかったのでキンキンに冷えた時の味が味わうことが出来ず残念でした、、、クーラーを買ったほうがいいですね。温度が上がるとまた香りがよくなり、味がしっかりしてきました。

しょっちゅう買うことは出来ないのですが、また是非飲んでみたい一本です。

★ DEUTZ BRUT CLASSIC [N.V]
格付: AOCシャンパーニュ
地域: Montagne de Reims  Ay
セパージュ: PN 33%,Ch 33%,PM 33%

 


HENRIOT BRUT SOUVERAIN [Champagne]

三連休最終日の今日は随分と暑くなりました。最終日くらいは我慢しようと思っていたのですが、誘惑に勝てず開けてしまいました、、、この3連休3本目です。(笑)

アンリオの普通のブリュットのデミです。とある酒販店でかなり安く(普通の酒販店の2/3!)手に入ることもあり、一番飲んでいるシャンパーニュだと思います。これがブランドブラン(ラベルがゴールド)になるとデミは突然割高になるんですよね、、、

良くも悪くもクセがないのが特徴だと思います。食事に合わせるのが良いですね。ただ、時間が経っても大きく香りや味が変化したりしないので、そういった意味では面白みに欠けるかもしれません。

急遽、カイザーのパンを買ってきました。

オリーブの入った食事パン。生地にも風味があっておいしいです。

 

ショコラピスターシュ(ピスターシュショコラ?)という名前だったような、、、季節限定のパンです。ピスターシュの香り一杯、色もきれいです。

食事と合わせた時に、広がりを感じさせてくれるのではなく、しっかりと受け止めてくれるといった感じ。野球で言うとアベレージヒッターみたいな感じでしょうか。

そうはいってもアンリオは他のメジャーどころと比べても良心的な値段なので、他のものも試してみたいと思います。(デミであればですが、、、)

★ HENRIOT BRUT SOUVERAIN  [N.V]
格付: AOCシャンパーニュ
地域: Reims
セパージュ: PN 60%,Ch 40%

 

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。