So-net無料ブログ作成

第262回 平成21年初春歌舞伎公演 国立劇場 [歌舞伎]

国立劇場の新春歌舞伎へ行ってきました。

20090117-1.JPG

1月らしい雰囲気。着物姿の人も多かったです。

お目当てはなんといっても團十郎丈。
昨年7月の休演以来の復帰となる公演。
とても楽しみにしていました。

20090117-2.JPG

3階席ですが花道がきちんと見える席。値段も安いですし国立劇場はいいですね。
いつも文楽で行く小劇場とは雰囲気も大分違います。

團十郎丈復帰の演目は「象引(ぞうひき)」。歌舞伎十八番でありながら初役、また暫く公演されていなかった演目の復活公演とのこと。
「暫」のような勧善懲悪もの。このようなスーパーヒーロー的な荒事ならではの醍醐味があります。
なんでも新春に荒事を見ると縁起がよい1年が過ごせるとか。

団十郎丈は昨年5月の團菊祭以来でしたが、雰囲気、スケール、バリトン張りの声、、、とても力強く、團十郎丈のいる舞台を観ることのできる幸せを感じました。
これからも元気で頑張って欲しいと思います。

舞台全体も団十郎丈の復帰、それから初春を祝う趣向が一杯で、1月ならではの楽しい舞台。
満喫して帰ってきました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。